KOZLIFE




HAYはRolf Hay(ロルフ・ヘイ)が2002年に 設立し、2003年のケルンフェアでデビューした デンマークのインテリアプロダクトブランドです。 Rolfはデンマークのアパレル企業である Bestsellerの出資によりHAYを設立しました。

HAYは1950年代、60年代の偉大なデンマーク家具 デザインを大切にしながらも、新しいデザインを 取り入れた商品開発を行っています。北欧デザイン というカテゴリーにこだわらず、インターナショナルな 視点を盛り、家具、インテリアアクセサリーから デコレーションアイテム、ステーショナリーなど、 ライフスタイル全体をコーディネイトすることが 出来るコレクションを展開しています。また、 ホームユースのプロダクトだけでなく、 ホテルやレストラン、教育施設など多くの プロジェクトも手がけています。

「昔のように、若いデザイナーにも家具を つくる機会を与えたい」という、Rolfの想いもあり、 HAYは数多くのデザイナーとコラボレーションしています。 そのデザイナー選びは、国籍や知名度を 重要視するものではなく、アイディアや発想の豊かさを 重視して選考されています。それは、価値の高い製品を つくるために、新しい素材や最新テクノロジーを積極的に 取り入れることのできる、高いスキルと才能を持った 国際的なデザイナーたちです。 Louise Campbell(ルイス・キャンベル)や Scholten&Baijings(ショルテン&バーイングス)など、 現在のデザイン界で活躍する人たちはもちろん、 若手デザイナーも多く起用されています。

HAYが商品開発にあたり心がけていることは、 「良いものを良い値段で提供する」ということ。 良いデザインだと思っても、高すぎて手に入らないと、 それを買えない人たちの興味は薄れていってしまいます。 ですが、デザインはエリートやお金持ちのためのものではなく、 全ての人々のためにあります。そんなデザインへの想いから、 HAYは手頃な価格で、現代の世代に合う、機能性の高い プロダクトを展開しています。

HAYは現代のライフスタイルにマッチした機能性の高い デザインと、その手頃な価格帯で、今北欧のインテリア デザイン界をリードしています。