KOZLIFE



Simple Enhancement


ドイツ生まれの保存容器。
WECKユーザーの多くが
「あったらいいな」と思っていたあのアイテム、
とうとう登場です。







なんといっても、簡単!

保存容器として大活躍のWECK(ウェック)。
それだからこそ、
子供でも簡単に密閉が出来たら嬉しい。
なんて思ったことありませんか?
しかも水分の多いものの保存だったら、
絶対に倒れてもこぼれないものでないと!
冷蔵庫の中でうっかり倒してしまう、
意外とよくやっちゃうもので‥。

今回新登場したWECK専用のシリコンキャップ、
パチッとキャップをはめるだけ!
他にパーツがいりません。
それだけで大丈夫?と思われるかもしれないですが、
安心の日本企画、
しっかりとはまる感覚があるのでご心配なく!
下から見て、隙間なく一周しまっていれば大丈夫。
寝かせて冷蔵庫にしまっても、この通り。
これなら、背の高いキャニスターだって
冷蔵庫のドリンクスペースがいっぱいで入らなくても
こぼれる心配なく横にして収納出来ちゃいます。
クリップが必要ないから、
「Juice Jar」や作り置き保存しているキャニスターなど
出番の多いものにはシリコンキャップを使う。
良いアイディアだと思いませんか?









アウトドアシーンに

お天気が気持ちのいい日は、たくさん手作りして
WECKのキャニスターに詰めてピクニック!
なんて、素敵な休日ですね。

そんなときにも
ひと役かってくれるこのシリコンキャップ。
ガラスの蓋よりも軽くて、簡単に密閉できるから
フルーツで美味しいドリンクを作ってみたり、
ピクルスを手作りして持っていったり、
幅が広がりますよ。









シリコン素材だから

タッパーなどをよく使う方はお分かりかと思いますが、シリコン素材って、色の強い食材(パプリカなど)が長時間触れていると着色する場合があります。当然香りも。そしてそれが落としにくいことも。でもこれはシリコン素材にある特性なんです。あまりにも強いときは、短時間の煮沸消毒をしてみてくださいね。※耐熱/耐冷温度:200℃/-30℃






WECKのいろいろ

WECKには様々なサイズ・シルエットのキャニスターがあります。ジャムを入れるような小さなものから、ジュースジャーのように背の高いものまで。シリコンキャップをつけたキャニスターが並んでいるところを想像しながら、是非一緒に選んでみてくださいね。※各キャニスターの詳細に蓋の対応サイズも表示していますのでご確認ください。ページはこちらから















WECKシリーズ▽