KOZLIFE



Another Fairy Tale

北欧のクリスマスには欠かせない「ニッセ」。
デンマークでは家庭に幸せを
運んでくれるとも言われている妖精です。
赤い帽子と愛くるしい顔が魅力的。


上の画像のアイテム▼
馬のオブジェ / Rattvik (レットビーク)
キャンドルホルダー / Balance



サンタのお手伝い

毎年クリスマスが来るとワクワクします。
私が1年中で一番楽しみにしているイベントも
クリスマスです。

クリスマスの祝い方やオーナメントなどの飾り方は
国によって異なりますよね。
例えば、デンマーク人はクリスマスを
家族とゆっくり過ごします。
そのため、クリスマスはお店も開いておらず、
町中がシーンと静まり返っています。
日本のお正月に近いかもしれないですね。




デンマークのクリスマスを盛り上げるために
欠かせないのがこの「ニッセ」です。
ニッセはサンタのお手伝いをする妖精です。
サンタと一緒にプレゼントの準備をしたり、
運んだりするんです。
ニッセは、男の子、女の子、
おじいちゃん、おばあちゃんと、
性別も年齢も様々です。

そんなニッセの大好物と言われているのが
ミルク粥とジンジャークッキー
クリスマスイブの夜に、
これらをニッセのために、屋根裏部屋に
用意するのも、デンマークの習慣です。
実際わたしもホームステイをしていた際、
ニッセが食べて、減っているミルク粥と
ジンジャークッキーを見ました。
信じるか信じないかは、みなさん次第ですね。






集めたくなるかわいさ

デンマークではサンタよりも
メジャーな存在のニッセ。
デンマークの家庭では、クリスマスが近づくと、
サンタではなくこのニッセの人形を
家中至るところに飾ります。
どこか1カ所にどーんっと飾るのではなく、
家中にちりばめて飾ります。
その様子は本当に家に
ニッセが住んでいるかの様です。

私もクリスマスが近づくと、
ニッセたちを家中に散りばめます。
階段、鏡、洗面所、テレビボード…etc.
家に遊びに来る友達からは
「こんな所にもいるっ!!」と、
驚きの声があがります。笑




ノルディカのニッセは全て手作りで、
ぞれぞれ異なった愛嬌のある顔がとっても魅力的。
木の素材がより温かみを感じさせてくれます。
靴下を抱えていたり、ギターを持っていたり、
そりにはちゃんとプレゼントも乗せられています。
干支の動物を膝の上にのっけたニッセもいるんですよ。

毎年少しずつ集めて、
あなただけのクリスマスワールドを♪






一緒に飾るなら

ノルディカのニッセは単体でもかわいいけれど、
他のクリスマスアイテムと一緒に飾ると
もっと素敵になりますよ。
お好みのコーディネートで
クリスマスを楽しんでください。
KOZおすすめは、ferm LIVINGのツリーや
KAHLERのアーバニア。
いろいろと並べてデンマークの街並みを再現すると
さらに温かな雰囲気を楽しめますよ。
キラキラした輝きが華やかな
オマジオアニバーサリーベース
一緒に飾ってみたらとっても可愛く飾れました。







2018イヤーズノルディカ & TIVOLIシリーズ

デンマーク コペンハーゲンにあり、世界最古の遊園地ともいわれているチボリ公園。そのチボリ公園が、今年 175 周年を迎えました。それを記念して、2018年限定のイヤーズノルディカは、TIVOLI(チボリ)シリーズ!お菓子を抱えた可愛い2体のノルディカニッセを、木の箱に入れてお届け。さらに今年は、他にも同じくTIVOLIシリーズの新モデルもご用意しました。贈り物にはもちろん、自分用に特別なコレクションとして是非どうぞ!






みんな表情が違います

ノルディカのニッセは全て職人さんがひとつずつ丁寧に手作りをしています。そのため、同じ種類の中でも若干、目の大きさが違ったり、ほっぺたの赤みに差があったり、ひげの長さが違ったりと、みんな異なった表情をしています。それぞれひとつしかないニッセをみなさんにお送りしますので、届いたら可愛がってくださいね。

















クリスマスアイテムはこちら